優良な業者を見極めるために重要な相見積もり

アンテナ工事の業者選びには相見積りを活用しよう!

テレビ放送を受信するためのアンテナ

アンテナによって異なる費用の相場とは

地上デジタル放送を受信するためのアンテナには屋根の上に設置するものや家の外壁に設置するもの、室内に設置して使用するようなものなど様々なタイプのものがあるようです。
アンテナの種類によって電波を受信する強度にも違いがあるようなので、自宅の立地条件などの電波環境を考慮して決める必要があります。

一般的な工事費込みの相場としては、屋根の上でよく見かける八木式アンテナと衛星放送を受信するためのパラボラアンテナの両方を設置した場合は5万円~5万8千円程度、壁面に設置するスタイリッシュなタイプのデザインアンテナとパラボラアンテナの場合だと5万6千円~6万2千円程度、新しく登場してきた4K8K対応の機器を設置しようと思ったら総額8万円~10万円程の費用が必要になるようです。

適正価格を知るためにも、相見積もりを取って比較検討することが大切だと言えるでしょう。

多くの場合に必要になる部品

とても良い状態で電波を受信できるような環境であったり、アンテナとテレビを接続するためのコードが1本だけですむというように好条件が揃っている場合を除いては、アンテナ本体の他に分配機やブースターというものが必要になってきます。

分配機というのはその名の通り、電波を各部屋に分配するためのものでリビングや子ども部屋、寝室というように複数の部屋でテレビを視聴したいという時には欠かすことのできない部品のことです。
分配器の価格は数百円~2千円程度が一般的なようです。
ブースターは電波の増幅・調整を目的とした部品で、これはアンテナの種類によって対応するものが異なっていることから一般的な相場も2千円~1万円と価格に若干の開きがあるようです。